【吹田市】万博記念公園の見どころを詳しく紹介

【吹田市】万博記念公園の見どころを詳しく紹介

吹田市・万博記念公園のおすすめスポット

岡本太郎作の太陽の塔が有名な万博記念公園ですが、
大阪の中心部から、大阪メトロで千里中央まで出ると、結構すぐに行けます。
千里中央からは大阪モノレールなので、乗り物マニアの人にもいいでしょう。

休みの日にのんびり遊ぶのに向いている所です。
電車でも車でも来るのには便利になっています。

万博記念公園

大阪モノレール万博記念公園駅から徒歩三分くらいで入口のゲートに着きます。
入場料は大人250円、小中学生70円です。午前9時30分から午後5時までが開園時間です。
自転車やペットは持ち込み不可になっています。

入ってすぐの所に芝生と花壇があり、その正面に太陽の塔があり、撮影用の台もあるので、スマホやカメラを置いて撮影するのにいいです。
両側と後ろも通路なので、どの方向からも撮影が出来ます。

太陽の塔の内部に入るツアーも開催されていますが、完全予約制ですので前日までに忘れずにお申し込みください。

その奥の方は、自然文化園という公園と、奥に日本庭園、民族学博物館もあります。
自然文化園には広い芝生の所が多いので、敷物を敷いて、お弁当を食べたり、いろいろ遊んだりできます。
サッカーボールやテニスラケットは持ち込み禁止なのでお気を付け下さい。

バーベキューは専用コーナーのみとなっています。
時々、テレビ局やラジオ局のイベント、カレーEXPOやロハスフェスタ、フリーマーケットなどのイベントも開催されています。
5月から6月は、平和のバラ園の開花時期です。

周囲に万博公園の駐車場もありますので、車で来ても便利になっています。

ニフレル

万博公園の入り口に行く途中にニフレルという水族館があります。
入場料は大人2000円小中学生1000円幼児(3歳以上)600円、開館時間は午前10時から午後8時までです。

おしゃれでセンスのいい水族館です。
分類としては水族館だそうですが、美術館、動物園でもあるのが特徴です。

名称の由来は「に触れる」とのことですが、動物には触れません。
生き物を眺めながら食事をできるカフェなども内部にあります。

隣接する観覧車は西日本一の大きさ(高さ123メートル)で、一周約18分、床面がシースルーです。
当日チケットは1人1000円(大人子供同一料金3歳以下無料)で、一つのゴンドラに6人まで乗れます。

千里中央駅前

ショッピングセンターや飲食店、せんちゅうパルと言う専門店街があり、阪急百貨店や無印良品、ヤマダ電機などもあるので、買い物には困りません。
大阪メトロから連結している北大阪急行(乗り換え、清算不要)の千里中央駅から大阪モノレールに行く途中に様ざまな店舗がありますので、万博公園に行く途中に何かを購入するのにとても便利です。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/formosa1/osaka-eiyoushi.biz/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(https://eiyoushi-navi.net/wp-json/custom/v1/posts/): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/formosa1/osaka-eiyoushi.biz/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3
NEW 最新求人
求人検索